奈留エリア 五島市の世界遺産候補 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」 江上天主堂

  • 世界遺産候補教会
  • 江上天主堂
  • 旧五輪教会堂
  • 「祈りの島」五島の教会

鐵川與助の代表作 愛らしい木造教会

木造教会

木造教会

画像

4家族のキリシタンからはじまる

江上天主堂の歴史は江戸時代末期に大村藩領から移住してきた潜伏キリシタンの4家族が、明治14(1881)年3月に洗礼を受けたことに始まります。 当時、江上地区には教会がなかったので、信徒の家でミサが行われていました。

きびなごの地引網漁で建築資金を稼ぐ

明治39(1906)年に簡素な教会を現在の地に建設。大正6(1917)年には信徒達はタブの木を切り払って敷地造成をし、教会建築を着工。当時の信徒40~50戸が、きびなごの地引網で得た収入など建築資金の全てを出し合い、翌年の3月に完成させたのが現在の教会です。建設中の大正6年は、例年になくきびなごが大漁で、信徒達は「神のお恵み」と感謝しあったと言われています。

画像

白い壁、ブルーの窓が愛らしい印象

緑の木々の間からのぞく江上天主堂の白い壁、窓がブルーの外観からは愛らしい印象を受けます。湿気を避けるため床を高くし、内部は本格的な立面構成で三廊式で、リブ・ヴォールト天井の美しい曲線が、人々の祈りの空間をあたたかく包んでいます。柱の手描きの木目模様、花を描いた窓の透明ガラスなどの工夫が特徴的です。

画像

国の重要文化財に指定

我が国における木造の教会のうち、完成度の高い作品として歴史的価値が高く、小規模ながら教会建築の名工鐵川與助(てつかわよすけ)の代表作としても重要であり、平成20(2008)年6月9日に国の重要文化財に指定されました。

画像提供:(有)鉄川進 一級建築士事務所画像提供:(有)鉄川進 一級建築士事務所

教会建築の先駆者「鐵川 與助」

明治12年(1879年)、現在の新上五島町新魚目地区に生まれた鐵川與助は高等小学校卒業後、修行を重ね、明治39年(1906年)に先祖代々の建設業を継いで建築家としての道を歩み始めました。20才の頃から教会の建築にたずさわり、これをきっかけにペルー神父らと交流を深め、教会建築家としてのスタートを切りました。
明治40年(1907年)には、新上五島町にある冷水教会を初めて完成させ、その後、小値賀町の野首教会、五島市奈留町の江上天主堂、当時としては珍しい石造りの頭ヶ島天主堂(新上五島町)など、数々の世界遺産候補の教会を完成させました。昭和34年(1959年)に黄綬褒章、さらに昭和42年(1967年)に勲五等瑞宝章を授与され昭和51年(1976年)97才で天寿を全うし、明治、大正、昭和における日本近代建築史に輝かしい功績を残しました。

設計・施工にたずさわった代表的な教会

江上天主堂水ノ浦教会堂崎教会楠原教会など

目の前にはパノラマの風景が広がっています目の前にはパノラマの風景が広がっています

教会と一緒に観光したいスポット「城岳展望台」

中世紀に奈留氏(土地の豪族)が山頂に城をかまえたことから「城岳」と呼ばれるようになりました。駐車場から遊歩道を登って3分の所にある展望台からは、上五島の一部や久賀島、福江島まで見渡せます。雄大な海と島々の風景を楽しむことができます。

教会内見学の事前申込みについて
江上天主堂は教会の維持管理のために通常施錠されております。
今までは地元の奈留教会で事前申込を受け付けておりましたが、 申込先が変更になります。
連絡先 : 長崎の教会群インフォメーションセンター 
電話 : 095-823-7650
受付時間 : 9:30~17:30
※江上天主堂は現在、教会守が常駐しておりませんので、申込頂きました訪問予定時間に合わせて開錠に向かいます。
見学可能時間 : 9:00~16:00
見学不可日 : 毎週月曜日と年末年始(月曜日が祝休日の場合は見学可能、翌火曜日を振替で見学不可と致します。)
※毎月第3日曜日14:30~内部見学不可(ミサ執り行いのため)

教会データ

住所:五島市奈留町大串1131
アクセス:奈留港から車で15分
ミサの日:<第3日曜日> 15:00
駐車場:有り
設備:トイレ有り

教会MAP

福江島奈留島のアクセス

福江港→奈留港 09:45→10:15 15:55→16:25
福江港←奈留港 09:15←08:45 11:20←10:50 14:50←14:20

08:05→08:50 13:00→13:45 17:15→18:00
07:20←06:35 12:15←11:30 16:40←15:55

※上記時刻表は平成27年2月現在のものです。
詳細は運行会社にご確認ください。