久賀エリア 五島市の世界遺産候補 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」 旧五輪教会堂

  • 世界遺産候補教会
  • 江上天主堂
  • 旧五輪教会堂
  • 「祈りの島」五島の教会

五島市最古の教会建築

木造教会

信徒たちの熱意と協力により、2度も解体をまぬがれた教会

明治14(1881)年に旧五輪教会堂は、禁教の高礼撤去に伴って浜脇教会として久賀島に建てられました。浜脇教会では増加した信徒を収容するのに手狭になり、また老朽化も重なり、建て替えを計画。 当時、新しい教会の建設に伴い建物を解体する予定でしたが、「五輪の地に教会を」という五輪地区の信徒らの熱い希望により、昭和6(1931)年に建物を現在の場所に移築しました。
以後50年間、五輪地区の信仰のよりどころとしての役目を果たしました。昭和60(1985)年、すぐ近くに新しく五輪教会を建設。 この時も建物は解体し、その場所に教会を新築する話が持ち上がりました。しかし 「貴重な文化財として価値ある建造物を何とか守ろう」という関係者の熱意と地元信徒の協力により、解体の危機を乗り越えて当初の姿で保存されることになりました。

和風の外観、ゴシック様式の内装。教会建築史を語る上で貴重な建造物

教会内部小さな入り江に静かに建つ旧五輪教会堂

旧五輪教会堂教会内部は木造のため温もりのある雰囲気

旧五輪教会堂は創建時の形態をよく伝えている建物で、木造瓦葺平屋建ての外観は全くの和風建築。内部はリブ・ヴォールト天井、ゴシック様式の祭壇など、本格的な教会建築様式となっています。
殉教と潜伏キリシタンに象徴されるカトリック信仰の歴史を数多く刻む長崎にあって、現存する明治初期の教会としては、五島市の教会では最も古い建物です。当時の教会建築の様子を知る上で歴史的に貴重な建造物であり、国の重要文化財に指定されています。

旧五輪教会堂のリブ・ヴォールト天井旧五輪教会堂のリブ・ヴォールト天井

ゴシック様式の教会に用いられた「リブ・ヴォールト天井」

ゴシック様式の教会にて特徴的なのが「リブ・ヴォールト天井」。 かまぼこ型を特徴とする天井の様式を「ヴォールト(vault)」と呼び、リブとは、板などの強度を増すための補強材のことをいいます。 リブ・ヴォールト構造のおかげで、天井の重さをうまく柱へと伝えられるようになりました。壁への負担が減り、柱と柱の間に大きなステンドグラスが施されるようになりました。
旧五輪教会堂のほかにも、江上教会堂や堂崎教会など五島市に建つ数多くの教会に「リブ・ヴォールト天井」が用いられています。

島には凛としたつばきの花が咲き誇る島には凛としたつばきの花が咲き誇る

教会と一緒に観光したいスポット「椿原生林・つばきの里」

久賀島はつばきの島。野生のつばきが数多く生育しています。昭和47年(1972)には東岸の一部が県の天然記念物に指定されました。つばきの木をみだりに伐採することを禁じた椿条例が制定。田ノ浦港から徒歩5分の場所には「つばきの里」があり、気軽に立ち寄ってみたください。

教会データ

住所:五島市蕨町993-11
アクセス:方法1:福江港→(海上タクシー・25分)→五輪港→徒歩で教会へ
方法2:福江港→(定期船)→田ノ浦港→車で40分→徒歩10分で教会へ
方法3:奥浦港→(定期船・海上タクシー)→田ノ浦港または浜脇港→車で40分→徒歩10分で教会へ
※ 五輪地区は、現在でも車が入る道はなく、訪れる人は途中で車を下りて山道を歩くか、海上タクシーなどを利用する方法がとられています。
ミサの日:ミサは行われていません
駐車場:なし
設備:トイレ有り

福江島久賀島のアクセス

福江港→田ノ浦港 09:10→09:30 12:05→12:25 16:45→17:05 13:35→14:09
福江港←田ノ浦港 09:55←09:35 12:05←12:30 17:30←17:10 08:34←08:00

奥浦港→田ノ浦港 07:30→07:49 16:50→17:09
奥浦港←田ノ浦港 14:54←14:35 17:39←17:20

※上記時刻表は平成27年2月現在のものです。
詳細は運行会社にご確認ください。

教会MAP