アラ(クエ)

  • 絶品! 海の幸
  • 黒鮪(クロマグロ)
  • ブリ
  • キビナゴ
  • ウニ
  • 伊勢エビ
  • アオリイカ(ミズイカ)
  • アラ(クエ)

ぷりっ、ぷりの白身がたまらない食べごろ時期(目安)


豪快なぶつ切りをの白身がしっかりとしているので食べ応え十分のアラ(クエ)鍋

漁獲量が少なく、貴重な高級魚として知られるクエを味わうならやっぱり鍋。九州ではアラ(クエ)鍋として有名です。冬場に海水温が下がり、旬を迎えると特に脂ののりが増し、熱を加えると身がギュッと締まる鍋はサイコー!肉厚の白身は適度に繊維質で、ほくほくとした食べ応えがたまりません。
クエのあらゆる部位から染みだした出汁に白米を入れて作る雑炊は格別。とろみを感じる良質の脂が溶け出し、肌にハリと潤いをもたらしてくれるコラーゲンがたっぷり含まれています。一度食べると、また食べたくなる旨さです。

幻の高級魚として知られるクエ     


クエは捨てる部分がほとんどないほど、全部美味しい


クエは全長1.5m、体重50kgになることもある大型魚。専門の漁師がいるほど、捕まえるのが難しいとされる魚です。名人でさえ月に数本しか釣り上げることができない幻の魚。沿岸の岩礁域に生息するため、五島列島周辺にはクエが釣れるポイントが数多く点在。そのため五島は天然物のクエが味わえる貴重な島なのです。

クエの美味しい食べ方

  • クエの刺身クセのない上品な味わいが特徴的。しっかり乗った脂が薄造りにするととろけるように美味しい。
  • アラ(クエ)鍋アラ(クエ)鍋は出汁の入った鍋にアラのぶつ切りや野菜を入れてポン酢で食べます。薬味はネギやもみじおろしが一般的です。
島の味


透明感のあるクエの白身がゴロゴロ入った極上のお鍋

「クエを食ったら、ほかの魚はクエん」

フグよりも美味しいと賞される味は、「クエを食ったらほかの魚はクエん」と漁師たちを唸らせるほどの旨さ!大相撲の九州場所などでちゃんこ鍋としてふるまわれることで有名です。五島を訪れた際は、極ウマなアラ(クエ)鍋をぜひご賞味ください。