海遊びと東半島ドライブコース

福江港ターミナルから県道49号線を車で約15分、住宅街を抜けた先に開けた海景色を楽しめる大浜地区が見えてきます。
この大浜で英会話教室を営みつつ、SUPとカヤックの体験ツアーをされているのが、ニコラス・サットンさん。
アメリカのカリフォルニア州出身で、2016年に福江島に移住されたニコラスさんの体験ツアーは何と英語、日本語だけでなく、スペイン語、フランス語、中国語の五か国語に対応しています。
サップボードや、カヤック、ライフジャケットに防水バッグなど、必要なものは準備されているので、着替えや水着などの基本的なものを持っていくだけで海のアクティビティが楽しめます。
「特別なスキルは必要ない。ゆっくりと流れる時間をアイスコーヒー片手に楽しむように。」と話されるニコラスさん。
気負わず、のんびり、島での時間を海とともに過ごすのはいかがでしょうか。

予約:LINE ID nicho1217 / 070-3517-8932 / nicholas@nichosensei.com
人数:グループ: 2-3人
金額:6,000円 / 1人
時間:120分
WEB:http://nichosensei.com/
開放的な大浜海岸から路地を抜けた先の大浜漁港近く、近隣住民に親しまれる大浜公園が見えてきます。
ブランコや滑り台、アスレチック器具など豊富な遊具をそろえ、平日の夕方や週末になると地元の子供たちが集まる場所として人気です。
また、遊具以外にも野球やゲートボールなどを楽しむことができる広場もあり、子供だけでなく大人が休日の息抜きや散歩などに利用することも可能です。
大浜海岸、鬼岳、鐙瀬溶岩海岸、香珠子海水浴場など近くには五島の自然が堪能できる観光スポットも豊富です。
ご家族でのご旅行やのんびり島暮らしを体験してみたい際は、旅の合間のひと時を地元の方々が利用する公園で過ごしてみるのも良いかもしれません。
五島バスの「福江~樫之浦」線の終着である「樫之浦」バス停を通り過ぎ、
道角の神社の手前を右に曲がり、峠を越えると小田河原(おだごら又はおだごうら)地区が現れます。
砂ではなく丸石の海岸に面しており、沖に向かって真っすぐ突き出たコンクリート構造物がシンボルです。
昼間はよくトビが鳴き、のどかで小さな集落なのですが、知る人ぞ知る釣りのポイントであり、イカや季節によってはタイ等を狙って釣り人たちが訪れます。
本土からやってきた有名な釣り動画配信グループがアオリイカの大物を釣りあげ、五島の釣り人達の間では大変な反響でした。
同時に沢山の人が釣りを楽しめる程広くはないのですが、タイミングが良く空いていた場合、一度釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。
福江島には沢山のドライブコースがあり、福江港ターミナルから県道165号線を行く崎山半島もおすすめコースの一つ。
基本的には常に片側に五島の海が広がり、気持ちの良い風を感じながらひたすら走ることができます。
海と反対側には福江島のシンボル鬼岳もそびえ、その迫力も十分です。
春には、円状に桜の木が並び咲く箕岳などもあり、ちょっとした休憩がてらに立ち寄ることも良いかもしれません。
また、崎山半島は農業が盛んな地域で道路の脇には様々な野菜畑や牛小屋などが点在します。
さらには海の沖合に浮かぶ浮体式洋上風力発電も見え、中々見ることのできない最先端の再生エネルギー施設をご覧いただけます。
一度のドライブで福江島の様々な側面を見ることができるコースを車で走ってみるのはいかがでしょうか。
福江港から県道162号線を車で北上し、約10分行った所を右折すると穴場スポット、六方海水浴場に辿り着きます。
静かなビーチはプライベート感が高く、タイミングが良ければ五島の美しい海を独り占めできることも。
かつて、壇ノ浦の合戦に敗れた平家の落ち武者が流れ着いた地と言われ、海水浴場からほど近い場所にはその落ち武者たちが自刃した平家塚もあります。
六方の地名は諸説ありますが、この集落では伝統的に六軒以上の家を建てない事に由来し、六軒以上の家を建てると落ち武者の祟りにあうといういわれも。
また、1797年に大村藩から移住した潜伏キリシタンの第1陣が上陸した場所としても有名で、五島におけるキリシタン史でも重要なスポットです。
福江港ターミナルから、島内唯一の国道384号線を車で約10分、右手に見えてくるのが「長崎五島ごと」。
「おみやげ ごと」として10年以上観光客だけでなく地元の方にも親しまれ、2018年12月に併設のカフェをオープン。
店内は五島随一の観光スポット、高浜海水浴場をイメージした爽やかな内装で、店内にいても五島の海や解放感を感じられます。
五島の地鶏を使い「鬼岳」をイメージした「鬼岳の溶岩カレー」や、自社で製造、販売している「ごと芋」を使った「ごと芋ピザ」、映画「悪人」のロケ地としても有名な「大瀬崎灯台」をモチーフにした「大瀬崎灯台パフェ」など、五島色の強いメニューは多種多様。
こだわりの味はもちろん、様々な側面から五島を体感し、楽しくくつろぐことができます。
五島の旅を一段と彩り豊かで思い出深いものにする「ごとカフェ」さんで一息入れるのもおすすめです。

[特典]
「島たびを見ました」とお伝えいただくと、プチソフトクリーム(ごと芋)をサービス。
※ただしお一人様一個とさせていただきます。

営業:10:00-18:00 (カフェL.O17:00)無休(元日のみ休み)
電話:0959-75-0111
住所:五島市吉久木町726-1
WEB:https://nagasakigoto.net/gotocafe/
福江港より車で約15分、鐙瀬(あぶんぜ)と呼ばれる地域には鬼岳から噴火した溶岩が海に流出して形成された「鐙瀬溶岩海岸」があります。
福江島の中でもひときわ特徴的な溶岩海岸を含むこの地域は、通年比較的温暖で亜熱帯系の植物が多く自生しています。
雰囲気もまた独特で、真っ青な海と真っ黒で凹凸の多い溶岩とのコラボレーションを楽しむことができます。
近くには鐙瀬ビジターセンターもあり、溶岩海岸で見られる生物などが紹介されています。崎山半島ドライブの寄り道にも最適です。
五島の青く美しい海を一風変わった雰囲気で堪能し、撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。
五島では至る所でランナーを見かけます。老若男女が季節を問わず、それぞれの目的を持って思い思いのコースで汗を流しています。五島長崎国際トライアスロン大会(バラモンキング)や五島列島夕やけマラソン大会といった開催されるレースに出場することも目標の一つ。レース中にきつい坂道を登り切ったときに眼前に現れる起伏豊かな海岸線、遠くの白んだ水平線、臨む山の稜線といったパノラマが特に島外からの参加者の心を打つそうです。鼓動の高まりの中、季節の花や海の匂いを感じここでしか見ることのできない自然の中を走る。その後の打ち上げでのご馳走を含めた五島を五感全てで満喫する贅沢な楽しみに向けて、今日もランナーは黙々と走っているのかもしれません。あなたも海岸線を走ってみませんか?
五島には海や山、多種多様な絶品料理など様々な魅力がありますが、夜空に広がる星空も外すことのできない見所の一つです。
都心部では考えられないような星空を楽しむことができ、タイミング次第では流れ星を見ることもできます。
鬼岳や大浜海水浴場、さんさん富江キャンプ村、魚津ヶ崎公園など島内で星空スポットに困ることは無く、年中星空観賞を楽しむことができます。
五島だからこそご覧いただける最高の景色を、日中だけでなく夜も満喫。
1日の終わりにほんの少しだけ空を見上げてカメラに収めるも良し、友人や恋人、家族と眺めながら語らうも良し、普段見ることの少ない天然のプラネタリウム、夜空の絶景を堪能してみるのはいかがでしょうか。
福江港から島の東側半島を車で約15分、野々切町にある「ののや」は、2018年にオープンした1日1組限定の宿です。
民家を改装したおしゃれな1棟貸しで、清潔感抜群で部屋ごとにテイストの違うこだわりのインテリア、アメニティ類と共にゆっくりくつろぐことができます。
キッチン周りも食器や調理器具が揃っており、不便なく滞在することが可能です。
また、連泊割引などもあるので、中長期での利用もオススメです。
Wi-Fiも完備されており、最近流行りのリモートワークにも適しています。
加えて、庭からの景色は絶景。天気が良い時は正面に見える黒島と青い海のコラボレーションを眺めながらBBQを楽しむこともできます。
隣接する民家がないため、夜の星空も美しく、どこよりも見事な星空を宿から堪能できる事も魅力的です。

WEB:https://www.goto-nonoya.jp/