大宝の砂打ち(国選択無形民俗文化財) ダイホウノズナウチ

無病息災、豊作大漁祈願祭。

玉之浦町大宝郷、事代主神社の秋まつりは、地元で「ずなうち」と呼ばれています。
御神幸行列の最後尾に、砂鬼と呼ばれるサンドーラ(藁の浅蓋)をかぶった者がいて、砂をだれかれかまわず打ち付けて回ることに由来します。
祭事は旧暦9月28日から29日にかけて行われます。
初日は18時30分頃から夜神楽、2日目は9時頃から村回りが行われます。
村回りの一行は地区内を一巡し、辻々で農作業の所作をします。
浜の真砂を集落中に打ち撒き、悪霊・悪疫を払うとされている奇祭です。
砂打ち(ずなうち)という仕草を演じるのは、砂鬼(サンドーラ)と呼ばれる若者たち。
行列から離れ、見物客や家々をめがけて砂を打ちまきます。
一行が通過するときに、追いかける砂鬼と逃げ回る見物人、子どもたちで賑わいます。

昭和54年12月8日に国選択無形民俗文化財となっています。


エリア
玉之浦
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所 長崎県五島市玉之浦町大宝一帯
電話番号 0959-72-2963(五島市観光協会)
開催期間 毎年10月下旬~11月上旬開催

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.