五輪教会 ごりんきょうかい

久賀島の険しい山を背景に、小さな漁港に並ぶ新・旧の教会

久賀島五輪地区にある国指定重要文化財「旧五輪教会堂」の横に隣接する五輪教会。
1881年に浜脇教会として建てられた聖堂(旧五輪教会堂)を1931年現在地に移築し、信仰の拠り所としましたが、老朽化のため、1985年に近くの缶詰工場跡地に新しく立てられたのが聖堂 五輪教会です。歴史ある旧五輪教会堂を保存し、隣接して建てられたもので、五島市内ではもっとも新しい教会堂のひとつです。
教会の建っている五輪地区は、現在でも車が入る道がなく、訪れる人は途中で車を降りて山道を歩くか、海上タクシーや漁船を利用する方法がとられています。


エリア
久賀島
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産 教会堂

基本情報

住所 〒853-2172 長崎県五島市蕨町五輪
アクセス 福江港から船で20分。
田ノ浦港からタクシーで40分、それから徒歩15分で下る

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。