旧五輪教会堂 キュウゴリンキョウカイドウ

明治初期の貴重な建築物として国の重要文化財に指定されている。

1881年建立の旧浜脇教会が1931年の建替えのとき、五輪地区に移築されました。
この旧教会が老朽化で解体される寸前、島内の仏教徒の助言によって価値が再確認され、五島市に移譲される事になり文化財として保存されました。
この地区は久賀島の中でいまだに直接車で行くことができない陸の孤島。

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「久賀島の集落」に建つ教会です。
 
教会見学に当たってのお願い
旧五輪教会堂の見学は(個人・団体問わず)事前連絡が必要です。
♦見学の2日前までにご予約ください。
♦対応時間:9時30分~17時30分
※ホームページでも受け付けています。
 


エリア
久賀島
カテゴリー
世界遺産 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 教会堂
旅のテーマ
まずは定番をおさえよう

基本情報

住所 〒853-2172 長崎県五島市蕨町五輪
教会データ 【建物】木造平屋150.30㎡
【竣工】1881年
【移築】1931年
世界遺産 世界遺産構成資産内教会
文化財 国指定重要文化財
アクセス 福江港から船で20分。
田ノ浦港からタクシーで40分、その後徒歩15分
ウェブサイト 見学のご予約はこちらから
備考 旧五輪教会堂の見学は(個人・団体問わず)事前連絡が必要です。

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.