井持浦教会とルルド イモチウラキョウカイトルルド

五島の信徒に呼びかけ、島内の石を集め作られた日本初のルルド

かつて、大村藩からの移住キリシタンが潜伏し、五島藩が塩造りの竈場で働せたという地区です。
1897年建立のレンガ造教会が台風で倒壊し、1988年にコンクリート造の現教会となりました。
当時の五島列島司牧の責任者ペルー神父は、1891年、バチカンにこのルルドの洞窟が再現されたと聞き、五島の信徒に呼びかけて島内の奇岩・珍石を集め、1899年、日本で最初のルルドを作りました。この霊水を飲むと病が治ると言われ、日本全国の信者の聖地となっています。


エリア
玉之浦
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産 教会堂

基本情報

住所 〒853-0411 長崎県五島市玉之浦町玉之浦1243番地
内覧時間 9時~17時
※但し、①ミサ、冠婚葬祭時には不可の場合もあります。②閉まっている場合もあります。
休日 特になし
拝観料・入館料 無料
※献金箱にご寄付をお願いします。
アクセス 福江港より車で50分
ルルド前停留所から徒歩1分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.