五島氏庭園隠殿屋敷・心字が池 ごとうしていえんいんでんやしきしんじがいけ

国指定名勝。2年の歳月をかけて造られた五島家の隠殿

五島家第30代盛成公によって2年の歳月をかけて造られた隠殿。
京都の僧・全正によって造られた庭園は金閣寺の丸池を模したもので、趣深く美しい。心の文字を象った『心字が池』や樹齢800年以上と言われる楠の木、四季折々の植物などがご鑑賞いただけます。

福江城(石田城)五島氏庭園とは
作庭時期が明確で、建物も一体となって保存されていることから、保存例の少ない城郭内の庭園です。庭園文化史上高い価値があるとして、平成3年に国の名勝に指定されました。

隠殿屋敷について
庭園の構造建造物である隠殿屋敷は、文久元年(1861年)の落成から150年余りが経過しています。これまでに部分的な補修や増改築が見られますが、根本的修理の形跡はありません。
屋根は全体的に劣化・弛緩し、小屋組や軸部木材の蟻害・不朽が著しく、建物は傾斜し、存続が危ぶまれていました。

※団体予約について
御来園予定の前月15日までにFAXにてご連絡をお願いいたします。
詳しくは下記までお問合せください。
電話・FAX 0959-72-3519(五島邸)


エリア
福江
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産

基本情報

住所 長崎県五島市池田町1-7
電話番号 0959-72-3519(五島氏庭園 心字が池管理事務所)
営業時間 9:00~17:00
休日 火曜日、水曜日、
8月9日、中秋の日、12月27日~1月31日
料金 大人800円、小人(10歳~17歳)400円
駐車場 無料(普通車8台可)
アクセス 福江港より徒歩8分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。