六角井戸 ロッカクイド

六角形をなす井戸の形状が珍しい。

天文9年(1540)、当時明国の王直は通商を求めて福江に来航しました。
築城後間もないので窮迫した財政を再建するため、領主宇久盛定公は通商上の黙約を結び、現在の唐人町の高台に居住地を与えました。その際、王直ら中国人が飲料用水、船舶用水として造ったのがこの六角井(戸)といわれています。
井戸枠を六角形に板石で囲んでいるのが特徴で、井戸の中も水面下まで六角形井壁が板石で造られているため、六角形を地中に埋めたような形になっています。
国道から少し入った住宅地にぽつんとあるのも印象的。五島における倭寇時代の貴重な遺跡のひとつです。

この珍しい井戸は、昭和29年に県指定文化財となりました。


エリア
福江
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産 ジオ

基本情報

住所 長崎県五島市江川町
電話番号 0959-72-6111(五島市役所)
アクセス 福江港から徒歩15分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.