玉之浦カケ踊り たまのうらかけおどり

玉之浦カケ踊り

玉之浦カケ踊りは、玉之浦郷土芸能民俗資料保存会が行っています。
保存会は、高校生から社会人で構成されており、カケ踊り当日は小学生がカネ持ちやワラジ持ちを担当します。
カケ踊りは8月14日に行われます。
玉之浦町西方寺から回り始め、西方寺が終ると2班に分かれて向小浦地区・井持浦地区からそれぞれ回っていきます。2班で100軒近くの家を回り、最後に合流して西方寺で踊ります。
当日、先まわりと呼ばれる人が踊り手に先んじて集落の家を1軒1軒訪ね歩いてカケを希望する家を募り、希望する家で踊ります。また、希望する家のほか観音様や薬師堂、阿弥陀様などでも行われますが、お墓では踊りません。
現在は1班あたり踊り手8~9人、カネ打ち2人で行っていますが、元々は1班あたり踊り手12人で行っていました。
腰に巻いているミノは、サンカクイという草が使われています。


エリア
玉之浦
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所 長崎県五島市玉之浦町玉之浦
電話番号 0959-87-2211(玉之浦支所)
開催期間 毎年8月14日

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.