富江神社例大祭 トミエジンジャレイタイサイ

富江神楽や浦安舞の奉納、御神輿の町内巡幸があります!

富江神社の例祭は現在では、毎年10月14日から17日の4日間にわたって行われています。
14日 宵祭
 午後7時から祭典が行われ、富江神楽が奏(舞)されます。また、氏子内の小学校6年生女子による浦安舞も奉納されます。
15日 例祭並びに渡御
 午前10時30分から例大祭が行われ、午後3時より御神輿の渡御があります。御神輿は稚児による曳御神輿、小学生神輿、女(中学生)神輿、大人の本神輿の3体が笛太鼓の音に合わせ独特の練り方で船手町の仮宮(事代主神社)まで渡御する。夜は神輿の前で富江神楽を奏でます。;
16日 町内巡幸(町廻り)
 本神輿は中央の町廻りをします。(時には小島、その他の集落に回る事がある)家屋の新築或いは商売繁盛等の祈願のため、巡幸を願い出た家では、庭先に神輿を降ろし、向いには御神楽3番が奏でられます。この事を「神楽を入れる」といいます。その他の家には獅子、鬼(鼻高)が入って御祓いを行います。
17日 還御(御上り)
 渡御の儀と同然です。


エリア
富江
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所 長崎県五島市富江町
電話番号 0959-86-0202(富江神社)
開催期間 毎年10月中旬開催
アクセス 福江港から車で30分
備考 2021年は14日の宵祭と15日例祭を実施しますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一般のお客様は見学いただけません。ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.