オーモンデー オーモンデー

起源は遣唐時代末期、中国大陸から伝えられたといわれ、地元青年たちによって踊り伝えられている念仏踊りです。

県指定無形民俗文化財 昭和35年指定 嵯峨島オーモンデー保存会。
鉦(かね)2人2組、踊り手10~12人の構成で、踊りは鉦と唱詩に合わせて輪型になって行います。
8月14日、昼は初盆の各戸を訪問して、先達が仏前でお経を唱えて後に踊り、夕暮れには墓場で演じます。
アルプスの牧童のヨーデルに似た哀調をおびた歌唱と、南方系の扮装、中央アジア風の手振りなど国際的な民踊です。


エリア
三井楽
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所 〒853-0611 長崎県五島市三井楽町嵯峨島
電話番号 0959-84-3111(三井楽支所)
開催期間 毎年8月13日~15日
アクセス 福江港から貝津港までバス65分(30km)、貝津港から嵯峨島港まで船20分(1日3往復)

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.