嵯峨島教会 サガノシマキョウカイ

信徒が多く住む竹原集落に建てられた、ステンドグラスが美しい木造教会

貝津(三井楽)の西方沖合い4キロの地点に浮かぶ、2つの火山から形成される嵯峨島は、かつて流刑地だったという島。
1797(寛政9)年以降、外海(大村藩)から迫害を避けて逃れてきた潜伏キリシタンは、この小さな島にも住み着きました。
禁教の高札撤去後、嵯峨島に教会が建てられるまでは信徒の家を利用してミサが捧げられていましたが、1888(明治21)年小聖堂が建てられました。
その後、1918(大正7)年、嵯峨島の信者たちは、信徒が多く住む竹原集落に木造の現教会を完成させました。島の信者たちは、度々改修や補修を繰り返しながら大切に維持しています。
現在、嵯峨島教会には、三井楽教会から月に2回司祭が巡回しミサが行われています。
 


エリア
三井楽
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産 教会堂

基本情報

住所 〒853-0611 長崎県五島市三井楽町嵯峨島
アクセス 貝津港(三井楽)から嵯峨島旅客船で10分
嵯峨島桟橋から徒歩で約10分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.