白石のともづな石(日本遺産) しらいしのとのづないし

遣唐使たちの想いを今に伝える

岐宿町白石は遣唐使船最後の寄泊地。第16次遣唐使船(804年)には、空海や最澄も乗っていました。
彼らも美しい白石湾を眺めながら、大海を渡る覚悟を新たにしたことでしょう。
この石は遣唐使たちが船の修理や食料補給、風待ちをするために港に入った際、とも綱を結わえたといわれています。
遣唐使たちの命をかけた偉業を讃え、地元では小さな祠を建てて漁業、海上安全の神としてこの石を祀っています。
ともづな石は地元の人々の手によって大切に守られているのです。
ともづな石が祀られている小さなお堂には、テーブルや座布団などちょっとした日用品が置いてあり、この場所が地元の人々のコミュニティの場ともなっていることが分かります。
そっと手を合わせると、心が温かくなるスポットです。

◆Googleストリートビューでともづな石をバーチャル体験してみよう!


エリア
岐宿
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産

基本情報

住所 長崎県五島市岐宿町川原278-8
電話番号 0959-82-1111(岐宿支所)
アクセス 福江港から車で25分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。