ワーケーションプラン

特集INDEX

自分が今一番やってみたいWORKにチャレンジしてみよう!

ワーケーションのWORKは、実は多様です。「いつもの仕事」をちょっと抑えて、普段はできていない仕事に取り組んで見るのも◎。Wi-Fiも携帯の電波も入らないビーチで集中して、企画を練ったり、ブレストをしたりする絶好のチャンスでもあります。

五島のワーケーションは思いきって「1週間の滞在」がおすすめ!

普段できない体験をしたり、新しい価値観に遭遇したりして、これまでのワークスタイルやライフスタイルを見直すきっかけを持つことは、ワーケーションをする大事な理由の一つ。いつもの観光旅行より深い体験をしたいなら、思いきって1週間ほど滞在してみることをおすすめします!

五島市がこれまでに開催したワーケーション・イベントでも、予定滞在泊数は平均6.3泊。上のグラフは、過去のイベント参加者へのヒアリングをもとに制作した「ワーケーション滞在期間中の体験の深さ」です。いきなり1週間は難しくても余裕をもったスケジュールがワーケーションを満喫するコツです。

【仕事したい度80%】普段通りデスクワークをしっかりこなしたい!
→市街地のWi-Fi完備ホテルで平日昼間はしっかりWORK

Wi-Fi環境の整ったデスクワークのしやすい環境が必須で、昼間は基本6-8時間はしっかり毎日仕事、平日夜と週末だけイベントやアクティビティを楽しみたいというWORK超重視方には…

◆全泊市街地のホテルでの宿泊をおすすめ
おすすめビジネスホテルから2-3選択して気分を変えてみるのも◎
◆「セレンディップホテル五島」などコワーキングスペース併設のホテルも

【仕事したい度60%】仕事はしつつも、五島の観光やアクティビティも楽しみたい!
→市街地のホテル+市街地に近いリゾートホテルやゲストハウス

普段よりは少し仕事量は抑えつつも、平日はほぼ毎日4-5時間はWORKに割いて、残りの時間は全部「五島を満喫すること」に当てたい!そんな方は…

◆滞在の前半は市街地のWi-Fi完備のホテルに滞在
◆後半は市街地から車で10-15分でアクセス可能な地域のリゾートホテルやゲストハウスに移動して、より深い「島体験」に踏み込んでみると◎

【仕事したい度20%】ディープな島旅を味わい尽くしたい!
→海辺のバンガローやキャンプ場、一棟貸しでバカンスを満喫

仕事は最低限のメールチェックやチャットのやりとり、緊急時の対応くらいに抑え、WORKよりもVACATION重視で五島列島を満喫したい!そんな方は…


◆思いきって市街地を離れたエリアに宿泊してみるのもアリ。
◆五島のお宅にホームステイをする「民泊体験(コロナの流行状況によって受け入れ態勢に変更あり)」でも貴重な体験ができておすすめ。
◆市街地から車で30分ほどの場所にある海辺のバンガローやキャンプ場、奥浦エリアや三井楽エリアなどいくつか点在する一棟貸しで自炊しながら暮らすように滞在してみるのも◎

週末をフル利用した「裏ワザ船旅ワーケーション」もおすすめ!

1週間の長期滞在はちょっと…という方には、博多港深夜出発のフェリー「太古」を活用した「船旅ワーケーション」をおすすめします! 博多港のすぐそばにあるスーパー銭湯で夕食と入浴を済ませて、23:45発の太古に乗り込んだらあとは寝るだけ。

金曜の早朝に五島に到着するので、帰りの飛行機を日曜夜に取ればまるまる4日間五島を満喫できます。「土日+有給2日」で週末をフル活用するワーケーションプランです。

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.