宮原教会 ミヤハラキョウカイ

1885年(明治18年)ペルー師の在任後期の頃、教会として建築

1797(寛政9)年以降、大村藩から五島へ移住した潜伏キリシタン達は奥浦地区では平蔵、浦頭、大泊、浜泊、堂崎、嵯峨瀬、観音平、半泊、間伏、そしてここ宮原にも住み着きました。
宮原のキリシタン達も、地元地区の寺の壇徒となって潜伏していたと言われています。
最初の教会は、祭壇の手間に障子があり、ミサの時に開けられていました。
現教会は、1971年(昭和46年)に建てられたものです。
 


エリア
福江
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産 教会堂

基本情報

住所 〒853-0054 長崎県五島市戸岐町773-2
アクセス 福江港より車で20分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.