宮原教会 みやはらきょうかい

1885年(明治18年)ペルー師の在任後期の頃、教会として建築

1797(寛政9)年以降、大村藩から五島へ移住した潜伏キリシタン達は奥浦地区では平蔵、浦頭、大泊、浜泊、堂崎、嵯峨瀬、観音平、半泊、間伏、そしてここ宮原にも住み着きました。
宮原のキリシタン達も、地元地区の寺の壇徒となって潜伏していたと言われています。
最初の教会は、祭壇の手間に障子があり、ミサの時に開けられていました。
現教会は、1971年(昭和46年)に建てられたものです。
 


エリア
福江
カテゴリー
歴史・文化財・日本遺産 教会堂

基本情報

住所 〒853-0054 長崎県五島市戸岐町773-2
アクセス 福江港より車で20分

MAPMAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い飲食店

このページを見ている人は、こんなページも見ています

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。